使用済み下着 中古パンツ 商品紹介

【巨尻圧迫動画】S女「綺麗に舐められなかったお仕置きだよ!」 / まいか

「まいかの奴隷になりたいんだったら、しっかりと舐め取らないとダメでしょう?」

ブルンッ!
ムギュ!
ブルルン!

本当のデカ尻は、中毒性のある熟した禁断の果実。

ーーーーーーーーーーー

禁断の動画解禁!
デカ尻中毒者続出!

1、言葉責め
2、舐め指示
3、巨尻圧迫
4、嗅ぎ指示
5、足蹴

王道M男いじめをたっぷり詰め込んだ高評価の20分!

ーーーーーーーーーーー

↓動画シナリオ(官能小説風)↓

「ねぇ・・・お前さぁ、ドMでしょ?」

Sっ気を醸し出しながら、まいか様はゆっくりとこう言った。

まいか様は椅子にゆったりと座り、脚を組んでいる。そして僕は、まいか様の目の前で命じられるがまま、服を着た状態で正座をしている。

僕はまいか様に、自分がM男だとお伝えした事はない。普段の振る舞いもM男である事実を隠し、あたかも普通に生きてきた。本当は女王様に罵倒され、いじめられる妄想をして自慰行為をする変態のくせに。

しかしながらまいか様には見透かされてしまったのだ。僕は自分の心に秘めているM男心を指摘され、ハッとして思わずまいか様の瞳を見つめ返した。

「見れば分かるよ・・・ふふ・・・。しかもさぁ、まいかの奴隷になりたいドMなんでしょう?」

まいか様は僕の目を離さない。僕は自然とまいか様の瞳に吸い込まれていた。そして、一方的に主従関係の契約が結ばれたこの現実が、僕が閉ざしていたM男心という禁断の扉に手をかけようとしている。

「まいかの奴隷になりたいんだったら、何をしたら良いのか、分かってるわよねぇ?今すぐ忠誠を誓いなさいよ。”僕の変態チンポは一生まいか様に捧げます”、ほら、言いなさいよ。」

僕は震える口で、命令通りの内容を口にした。

なぜ震えたかは自分でも分からないが、恥ずかしい気持ちと、これからの展開への期待と、M男心がくすぶられるゾクゾクとした快感などが入り混じっていたのかもしれない。

「何その声、聞こえないよ?ほら、しっかり言いなさいよ?」

声が小さいと指摘されるS女全開のまいか様。僕は今、M男心を封印していた重たい扉を自ら押して、開かせようとしている・・・そう思いながら再度、誓いの言葉を口にするが、抑えきれない高鳴る胸の鼓動が、僕の唇を、声を、またもや震わせた。

するとまいか様が、目線を下げてこう言った。

「あれぇ〜?お前の下半身、今反応しなかった?気のせいじゃないよねぇ・・・?」

僕のみっともない下半身をまいか様は凝視した。指摘をされた下半身は、ズボンの中でムクムクと微妙な動きをし始めていた。
まるで高鳴る鼓動と連動するかのように。

服を脱ぎなさい、と言われ、僕はおずおずと服を脱ぎ始めた。もちろん服を脱いでる間もじっとまいか様は僕の身体を舐めまわすように見続けている。

女王様に見られている・・・その実感が沸いて来ると、僕の恥ずかしい下半身がビクンビクンと反り返るように反応した。

そして僕はパンツ一枚の姿となった。

「ねぇ、私は忠誠を誓いなさいと言ったの。この、ゴミみたいな変態チンポを動かしなさいだなんて一言も言ってないんだけど。何勝手なことしてんの?お前の変態チンポはさぁ、躾が必要だよねぇ・・・?」

じっとり、舐めまわすかのようにパンツ越しに僕の下半身を見つめるまいか様。見られているというこの状況が、躾がなっていないゴミチンポにいっそう脈を打たせる。

僕は禁断の扉を少しずつ開き始め、扉の隙間から差す美しくも妖艶な光を見たような気がした。

「こうやってさぁ、ジロジロみられるだけで何か反応してるよねぇ・・・?きったない変態チンポ・・・。お前さぁ、本当変態だよねぇ?だってさぁ、まいか何も触れてないし、ただ見てるだけだよ、こうやって・・・ほらぁ・・・。」

そう言ってまいか様は僕のチンポをより一層凝視した。僕の汚らしい変態チンポは、パンツの中でとどまることなくビクンッ・・・ビクン、ビクンッ・・・と繰り返し反り返るような動きを繰り返している。

「お前のだらしない家畜チンポは、気をつけもできないわけ?ピクピク動いてるうえに、どんどん大きくなってない?自分の恥ずかしいゴミチンポをこうやって見られて興奮する変態なのねぇ・・・?ふふ・・・。」

言葉で、視線で、僕のチンポに辱めをされたまいか様は、おもむろに自身の人差し指を近づけてきた。

「ほらほら、まいかの指がお前の変態チンポに近づいてきたよ・・・ほらほらほら・・・ふふ。」

まいか様はそう言いながら、自身の人差し指を僕の汚れたチンポに近づけて来た。

あぁ、ダメ・・・それ以上は・・・そう考えつつ、触れられたいという気持ちもありつつ・・・。

そんな複雑な想いを抱きながら、僕は抵抗する事もなくまいか様の言いなりとなっている。僕の変態チンポはビクンッビクンッとより一層動きを増した。

「まだ触れてないわよ。なに激しく反応してんのよ、ふふ。ほらほら、また指が近づいてきたわよ、ほらほらほら・・・!」

再度、まいか様の指が脈打つ僕の変態チンポに近づいて来る。

そしてついに・・・。

ちょん。

まいか様の指が僕の変態チンポに軽く触れた。触れた瞬間、パンツの中で竿が「ビクン!」と大きくのけぞった。

「ついちゃったぁ、あはは!ほら、ほら、ほら・・・ほらぁ・・・。」

そう言いながら、まいか様は小悪魔的なS女っぷりを出して、僕の恥ずかしいチンポを指でちょんちょんと突っつき始めた。

そして、僕の変態チンポに触れた指を、おもむろに自身の鼻に近づけニオイを嗅ぎ始めた。

「クッサ!なにこのニオイ?お前の変態チンポにちょっと触れただけで変なニオイがついたんだけど。どうしてくれんの?まいかの指が臭くなっちゃったじゃないの。」

ビクン、ビクンと脈を打ち続ける下半身。S女様の言葉のひとつひとつが鼓動を高鳴らせる。僕は呼吸を整える間もなく、うつろな目でまいか様を見つめた。

「舐めなさい。」

まいか様が突然言った。僕の変態チンポに触れ、クサくなってしまった自身の人差し指を僕の目の前に出して。

「ほら、きれいに舐めとりなさい。ほら、ほら!お前は私の奴隷でしょう?ペットでしょう?犬のように舐めなさい。」

まいか様が自身の人差し指を、僕の顔の前にグイグイ出して来る。僕はまいか様の奴隷になると誓いを立てたのだ。まいか様の命令は絶対・・・。僕はゆっくりとまいか様の指に唇を近づけ、舌を出した・・・。

動画フルバージョンへ続く・・・。

※このシナリオは動画に沿った妄想劇場のため、実際の動画と台詞が違う部分があります。

関連記事

  1. たっぷり可愛がってね?????????????(//∇//) /…
  2. 大人気ぱんちゅ二枚組せっと( ???_??)? / mio
  3. ??1日着用??ピンクパンティ / 花音
  4. 匂いもそのまま、おりものたくさん染み込む綿パンティ♪ / るいた…
  5. SALE?黒ぱんつ?2日間着用?おしっこコットン付 / Rio
  6. リボン付花柄パンツ / あかつき
  7. ひよこの枕 / こふく
  8. 仕事中につかってるくつした / せれな

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

グループサイトリンク

福生発デリヘル 美女物語
相模原発デリヘル 美女カフェ
所沢発デリヘル 美女物語プラス
福生発デリヘル ぷよラブ
相模原発 ぷよラブれぼりゅーしょん
所沢発 ぷよラブFANたすてぃっく
府中発 ぷよラブ む~ぶめんと
熟女人妻専門デリヘル 艶ドレス

高収入求人

高収入女性求人
高収入男性求人

Twitter でフォロー

PAGE TOP